中古スマホの販売なら男前ケータイ

中古携帯について

中古携帯電話とは?

契約SIMカードの無い、端末本体のみの状態を指し、通称「白ロム」とも呼ばれます。

新品~ジャンク品までランク分けされます(下記参照)

機種変更で使わなくなった本体・解約した本体・使い勝手が合わない等、様々な理由で市場に出回った端末を総称して、「中古携帯」「中古スマートフォン」と呼んでいます。

中古携帯電話の使い方

中古携帯電話の使い方

中古携帯電話に、電話番号情報を持たせることで使用できるようになります。

現在の携帯電話は電話機本体には電話番号情報は持っておらず、携帯電話に刺さっているSIMカードというチップに情報が書き込まれています。

基本的には、ドコモ、au、ソフトバンクといった通信会社と契約しているSIMカードをその携帯電話に刺せば使用できるようになります。

白ロムってなに?
白ロム・・・

携帯電話の契約状況のことをいう専門用語のことです。

携帯電話が真っ白な状態。携帯内部のROM(メモリー)に電話番号情報が書き込まれていない、真っ白なROMで白ロムと呼ばれます。

赤ロム・・・

利用制限されている状態。不正契約や、携帯電話本体の購入代金が未払いの場合などに通信会社が通信機能を制限します。

その状態になると電波表示が赤くなることから、「赤ロム」と呼ばれています。

新品と何が違うの?

新品と中古の違いは、値段と状態です。同じ機種であれば当然性能は同じです。

【値段】

本体の価格が新品よりも中古の方が安いです。

通信費は携帯電話本体では変わりませんが、通信会社で携帯電話本体を分割払いで購入すると新品には毎月の料金割引があります。中古の携帯電話にはそれがありません。

【状態】

新品の方が本体の状態が良いです。

中古は一度利用しているので、傷やスレがあります。

【当店のランク基準】
未使用 動作テスト以外使用しておらず、付属品を含め新品の状態
Aランク 非常にきれいな状態。傷や、使用感の少ない商品
Bランク 比較的きれいな。傷や擦れなどはあるが、大きな傷はない商品。
Cランク 目立つ傷、塗装剥げ、欠けなどがある状態。
Jランク 破損、正常に動作しない等の商品。※保証対象外

中古携帯のメリット

新品~最新端末でも
安く手に入れることができる

状態にもよりますが、定価の半額程度で購入できる場合もあります。

2台持ち端末として最適

ネット接続専用、ゲーム専用など・・用途によって端末を使い分けることができます。

過去モデルや限定モデルが
手に入ることも

お気に入りだった過去のモデルも、買えなかった限定モデルも、中古だったら見つかる可能性があります。

中古携帯を選ぶポイント

▼SIMカードのサイズをチェック

SIMカードには種類があり、大きさが違います。現在使用しているSIMカードのサイズと、新しく購入予定の端末のSIMカードサイズを確認する必要があります。

▼通信会社をチェック

基本的には通信会社のSIMロックがかかっており、他の通信会社の携帯にSIMカードを入れても利用できないため同じ通信会社の端末を選ばないといけません。

別の通信会社の端末を利用する場合は、SIMフリーの端末を購入するか、ロック解除を行う必要があります。

ページトップ howto – 男前ケータイ